面談方針について

当ルームでは、来談者の方の相談内容を限定しておりません。どのようなご相談、お話しでも伺います。そして、ご相談の内容や、ご希望に応じて面談スタイルを柔軟に対応致します。(精神科医的な治療行為は行っておりません)

深く長い間抱えているご自身の心の問題や、うつ、自己肯定感を持てないなどの悩み。

傾聴を基本としたカウンセリングによって、一緒に悩みの本質や、心の奥底を見つめて参ります。沸き上がる感情がどこから来るのか。生い立ちから遡り、どのような人生を歩んで来られたのか、記憶に残っていることだけでなく、忘れてしまっている過去や、無理やりしまい込んでしまった過去の記憶を呼び起こし、カウンセラーと一緒に客観的に見つめることで、その過去を消し去るのではなく、乗り越えることで心を成長させて行きます。
また、人間は誰でも、幸せの種を持って生まれて来ています。その種に芽を吹かせるための水や栄養が「愛情=無条件に存在を肯定されること」です。ここではクライアントの皆さんを全面的に受容し、心と心を開いたカウンセリングによって自己肯定感を呼び起こし、本来の姿を取り戻すお手伝いを行って参ります。

特に悩みという事ではないけれど、話がしたい。また、最近良いことがない。なんとなく寂しい、孤独感を感じる。

欧米では「心のメンテナンス」として気軽にカウンセリングを受ける文化があります。知らないうちにストレスを溜めこみ、心が病む前の予防として、気軽にお越しいただき、自由に何でもお話しください。決して否定することなく、どんなお話も伺います。腹が立つこと、立ったこと。悲しかったこと、嬉しかったこと。うまくいったこと、自慢したいこと…。何か答えを出すまでもなく、ただお話しをしましょう。親や子供、兄弟、友人には話しにくい事もここでは何ら気を遣う必要はありません。そして、来談者の皆さんがどんな方なのか、何を大切にされているのか、是非聴かせて下さい。

生活面や仕事、進路、人間関係、家族問題、恋愛・離婚などの具体的な問題について意見やアドバイスが欲しい。

カウンセリングの基本は傾聴です。そしてカウンセラーは積極的にはアドバイスはしません。しかしながら、誰にも相談できずどうしたら良いかわからない、具体的にどのような解決策があるのか知りたいという悩みに、傾聴だけのカウンセリングでは用をなしません。そのようなお悩みの場合は、キャリアコンサルタントとして積極的な関わりを行って参ります。カウンセラーの人生経験や、様々な仕事や人間関係で培ってきた「生きる知恵」で、実践的な問題解決を一緒に考えます。

page top