カウンセラープロフィール詳細

ナインハーツ代表 松本 哲弥(まつもとてつや)

・1967年、千葉県柏市出生 ・日本大学経済学部卒業 ・産業カウンセラー、キャリアコンサルタント ・千勝神社【つくば市】神主(禰宜「ねぎ」 非常勤) ・雅楽(横笛)奏者

「就職、転職、独立と様々な経験の中で自分がどうなりたいのかを模索」

大学卒業後、証券会社に入社。バブルが崩壊して間もない時代で、厳しいノルマ営業に心が折れ3年で転職。転職先の不動産会社では8年間勤めましたが、その間パワハラに悩まされノイローゼ状態になり、再度の転職も考えた時期もありました。そして34歳の時、すでに妻子がいた立場でしたが、弁護士になるという大風呂敷を広げ、周囲の反対を押し切る格好で退職。広告デザイン制作の会社を立ち上げ、経営の傍ら5年間勉強するも力及ばず挫折しました。その後は、大きな目標も失い様々な事業や仕事を経験しましたが、よい時もあれば、悪い時もあり、経済的に厳しい時期もありました。 幸いにも人に恵まれたお陰で、仕事を続けては来られましたが、自分は本当は何がしたいのか、どういう生き方をすればよいかを模索する時期がしばらく続きました。

「神主として臨んだ『行(ぎょう)』で見つめた自分のあるべき姿、そしてカウンセラーの道」

仕事のキャリアの一方、私は、創建1500年の歴史を有する茨城県つくば市の千勝神社において、非常勤の神主(権禰宜【ごんねぎ】)として30年に渡りご奉仕をさせて頂いております。母親に連れられ、幼き頃より神社に足を運んでいたご縁で、大学2年の時に神職資格を取得。大学卒業時は、神社職員としてのお話しも頂きましたが、一般の社会で仕事をする道を選び、以来、非常勤として、現在では年間50日以上の祭礼行事に関わり、ご奉仕をさせて頂いております。 そして、私がカウンセラーを志すに至ったのは、学生の頃より行ってきた「行(修行)」の経験によるところが大きいです。 この、千勝神社の特色とも言える「行(ぎょう)」を簡単に説明すると、本行と呼ばれ現在では指導者を対象としている行は、毎年夏は御嶽山の麓、冬は三峰神社さんの宿坊を拠点に5日間の行程で行います。登拝(登山)、坐行(瞑想)、滝行、参加者同士のディスカッション、個別対話など、睡眠時間4~5時間程度の過密スケジュールで行います。大学生の頃より20数回程参加しており、御嶽山頂上へは30回以上、三峰山奥宮へは20回以上登っています。 また、年数回一般の方を対象とした一泊二日の行もあり、そこでは指導者として参加しています。 「行」というと肉体的に辛いことをするというイメージがありますが、単なる我慢比べではありません。非日常に身を置き、自分の長所短所、自分の抱える問題や自分がどうありたいか、どうあるべきかをとことん見つめ、人間的成長と喜びのある生き方を目指すことを目的としています。 この「行」の中で、最も重要なカリキュラムが参加者同士のディスカッションや個別の対話の時間です。相手の話に真摯に耳を傾け、互いに心を割って対話を重ね、自らを深く見つめる作業をします。 私も若い時分、就職や転職、独立と人生の岐路、自分の選んだ道や生き方に悩み、行に臨んでいました。私と同様に、多くの参加者がこれらの行を通じて自らが変わり、様々な問題や悩みを乗り越えて人間的に成長する姿を長年見てきました。 そして何年も行を積み重ねるうち、行で培った成長体験や、様々な仕事において得た教訓や知恵を生かして、より身近に多くの人々を支えるカウンセラーになりたいと考えるようになり、産業カウンセラーとキャリアコンサルタントの資格を取得しました。

「クライアント自らが深く自分を見つめ、気づき、成長できるカウンセリングを目指して」

私は、様々な仕事や事業を経験してきましたが、本質は神主であると自覚しており、現在も奉職しております。その神主とは、人々に寄り添い、人々の願いが神へ届くようひたすら祈るのが役割であり、そこに願い事の良し悪しの判断を入れません。願いが叶うか否かは神のみぞ知ることであり、神主の祈るという行為(祭礼や祈願)は、神主の背中を通して人々が神の世界と繋がるためにあるものです。 カウンセリングの世界においても、カウンセラーがクライアントの悩みを直接解決できる訳ではありません。クライアント自身の「気づき」によって自らが変わらなければなりません。しかし、意識的に自分の考え方や価値観を簡単に変えることが出来ればそもそも悩む事もありません。それが往々にして難しいのは、私たちの思いや価値観(判断)は普段感じることがない無意識の世界(いわゆる「魂」)の影響を受けているからです。よって、「気づき」とは理論や理屈で理解することではなく、意識できない無意識(=魂レベル)の世界と繋がる事で得られる知恵(ポンと湧いてくるもの)であると言えます。そして、自分を変えたいという思いで臨むカウンセラーとの対話が、正にその世界へと繋がる入り口であり、カウンセリングの本質だと考えています。 神主であるカウンセラーとして、クライアントの皆さんに心より寄り添い、自らを変え成長したいという思いに、真摯に向き合うカウンセラーでありたいと思っています。